ブログ
ホーム > ブログ
スタッフブログ

2020年2月3日月曜日

広島でオーダーキッチンならDAIDAへ ~ 毎日が洗濯日和🌞

こんにちは

広島のちいさなキッチンメーカー
オーダーキッチンのだいだ産業です。



先週の土日はカラッと晴れていて
とても気持ちの良い休日でした。



良い洗濯日和になったと思います。

我が家でも日曜日に3回洗濯機を回しました😄



と言っても洗濯機を回したのは夜の7時頃から
太陽はもうサヨナラバイバイでお月様がこんにちはしてます。



でも何も問題ない、そうiPhoneならね...
じゃなくて『乾太くん』なら(*^▽^*)







乾太くん.....
リンナイが販売するガス乾燥機



特徴

すぐ乾く

めっちゃ乾く

ふんわり乾く


家事時短モンスター レートSSSクラス

化け物だぜぇ....こいつぁ....


外国製食洗機、ディスポーザーと並び
家事時短モンスターの中でも最上位になります。


我が家ではオール電化にも出来ましたが
乾太君のためだけ”にガスを入れています。



広島ガスで友達が働いていますが
乾田くんめっちゃ人気だよって言ってました。


ま、そりゃそうだろうね😏



洗濯機で回した後の濡れた衣類を
乾田くんにポイポイポイっと。

スイッチ入れてボーっとしてたらはい終了😙


乾田くん、本当に便利で忙しい現代人には
神様ともいえる代物です。


キッチンとは関係ないですが
あると便利さが桁違いなので
家を建てたりする人は是非ご一考ください。


スイッチ入れた後は服を干したりする事も
しなくていいので自由時間。


NetflixやAmazonプライムでシネマタイムです。



今回みるのは

トータル・リコール




1990年に放映されたアメリカ映画で
名作SF物ですね。


ブレードランナーを見たならこちらの映画も
欠かせません。


世界観の作り込みではブレードランナーに
軍配が上がりますが

トータル・リコールの凄い所は
特殊メイクアップ、いわゆる造形が凄い。

当時はまだリアルなCGが作れるほど
技術が進んでいなかったので
特殊なメイクで近未来、ミュータントの造形を
作っていますがこれが本当にリアルかつ
引き込まれます。


そしてトータル・リコールの特徴ともいえる

どこまでが夢でどこからが現実か。

映画の内容自体が全て夢の中の話なのか
途中から夢の話なのか
それとも最初から最後まで現実の話なのか。

大いに考え楽しめる部分です。




そしてもう一つは
自分、自己としての不確実性。

自分を自分たらしめる確かな物、アイデンティティー。
それは何なのかを問いかけています。


似たような所で攻殻機動隊もよく議題に上がります。


ブレードランナー、AKIRA、攻殻機動隊。

これらはサイバーパンク作品では必ずと言っていい程話題に上がります。

攻殻機動隊は近未来の日本が舞台で
脳が直接インターネットに接続できる<電脳化>
体の一部を機械化(サイボーグ)する<義体化>が
当たり前の事となっています。


脳がインターネットに繋がることで
ハッキングを受け自分の記憶を改竄され偽の記憶を
植えつけられたり、記憶を削除したり
インターネットと常に繋がることにより
自分と他者との境界線が無くなりつつあり
体を義体化する事によりアンドロイドと人間の境目が
曖昧になっていきます。


そんな中で
アンドロイドと人間の明確な違い
自己としての確立、自分が自分である事

これらを証明する一つの考えが
<ゴースト>の有無(恐らく自我だと思います。)と

劇中で言われています。



ボーっと書いていたら長くなりました。


自己としての確立、アイデンティティーの証明


それってオーダーキッチンと相性が良いと思います!


自分だけのオリジナルなキッチン、それが
自分である事の証明!


いまならモニターキャンペーンも絶賛実地中(*^-^*)✨


だいだ産業は真心込めて今日も元気に営業中💪😆







オーダーキッチンに興味のある方は


 施工事例をご覧になりたい方は


だいだ産業株式会社にお問い合わせの方は


Facebookへのリンクはコチラ


Instagramもちょいちょい更新していきます😄





いいね、フォローお待ちしております(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿