ブログ
ホーム > ブログ
スタッフブログ

2022年9月27日火曜日

広島でオーダーキッチン、キッチンリフォームならDAIDAへ ~ ラク旨グリルで【ししゃも】焼きました🔥🐟🔥

こんにちは

広島のちいさなキッチンメーカー
オーダーキッチンのだいだ産業です



自宅の日立 IHのラク旨グリルししゃもを焼きました🔥🐟🔥



焼く前と焼いた後



一気にこんなに焼けますよ、あらすごい😍


全て任せられるという利便さ、良きかな😏✨


『オートメニュー』の『魚丸焼き』を選ぶだけで後は機械にお任せなのだ!!






・自宅はM8ATシリーズを使っています。M8Tと性能は基本一緒です。
 違いは液晶画面の色とトップとフェイス部の色
 見た目重視(ブラック&ブラック)ならM8AT、
 使い勝手重視(液晶が1色→4色)ならM8T(シルバー&シルバー)シリーズかな。



実はこの間、うるめイワシも焼いたんですよね。




これも美味しいんですが、うるめいわしって結構苦いんですね。


頭(内臓もかな?)も食べてるからじゃない?って言われたんですが
極力全て食べるというマイルールが有りまして。


制約と誓約 を自分に課すことによって念能力が強くなります。



今回も日立のラク旨グリル&オーブンが大活躍でした。


そういえば、この間、相談ルームにオーダーキッチンの打合せに来られたお客様がブログを見て下さってるようでIHはこの機種にすると言われていました。


ありがたや、ありがたや(*^-^*)



これからもブログ、がんばります😎👍



Facebook、Instagram、YouTube
『いいね』、『フォロー』
『チャンネル登録』を
よろしくお願いします(*^▽^*)




過去のブログを検索する方法

パソコンの場合
『ラベル』から見たいカテゴリを押して検索

スマホの場合
ブログの下にある
『ウェブバージョンを表示』をクリック
(またはchromeブラウザの場合は「︙」から「PC版サイト」にチェックを入れる)
PC版サイト表記(ウェブバージョン)になるので
上記の『パソコンの場合』と同じように
『ラベル』から見たいカテゴリを押して検索
見たいブログを押した後に
PC版表記のままだと見辛いのでブログの下に有る
『モバイルバージョンを表示』をクリックして通常のスマホ版サイトに戻す。


こうすると見たいカテゴリのブログだけ見れます

『施工事例』だけ見たい人は施工事例だけ見れます。







オーダーキッチンに興味のある方は


 施工事例をご覧になりたい方は


だいだ産業株式会社にお問い合わせの方は


Facebookへのリンクはコチラ

2022年9月26日月曜日

広島でオーダーキッチン、キッチンリフォームならDAIDAへ ~ 映画 オールドを見ました。

こんにちは

広島のちいさなキッチンメーカー
オーダーキッチンのだいだ産業です。


気になっていた映画 オールド <OLD>がAmazon prime videoで見られるようになっていたので早速視聴しました。




簡単な内容紹介として....
『シックス・センス』『スプリット』の
M・ナイト・シャマランが放つ、謎解きタイムスリラー
そのビーチでは一生が一日で終わる。
■想像を超えるストーリー展開、そして衝撃の結末!!
ビーチに入り込んだ者は、1日で急速に老化し、一生の時間が過ぎてしまうという奇想天外のストーリー。
一人また一人と死んでいく者たち、そのスリリングな展開に緊張感はMAX!
そして結末も想像を超える衝撃が待ち受けており、シャマラン節がさく裂している。


....Amazonより抜粋。。。


時間が急速に進んでいく...というより正確には急速に身体が成長(老化)していきます。
子どもは大人に、大人は老人に、老人は....😇💀🦴


30分で約1年ほど体が成長していくので24時間(1日)で48年分、年を取っていきます。



この設定が魅力的なんですよね。


物語の矛盾っていうかちょっと、ん?って思う所も有りますが
そういう所は気にせずに見た方が楽しめると思います。



気になった方は、是非(*´з`)♪





Facebook、Instagram、YouTube
『いいね』、『フォロー』
『チャンネル登録』を
よろしくお願いします(*^▽^*)




過去のブログを検索する方法

パソコンの場合
『ラベル』から見たいカテゴリを押して検索

スマホの場合
ブログの下にある
『ウェブバージョンを表示』をクリック
(またはchromeブラウザの場合は「︙」から「PC版サイト」にチェックを入れる)
PC版サイト表記(ウェブバージョン)になるので
上記の『パソコンの場合』と同じように
『ラベル』から見たいカテゴリを押して検索
見たいブログを押した後に
PC版表記のままだと見辛いのでブログの下に有る
『モバイルバージョンを表示』をクリックして通常のスマホ版サイトに戻す。


こうすると見たいカテゴリのブログだけ見れます

『施工事例』だけ見たい人は施工事例だけ見れます。







オーダーキッチンに興味のある方は


 施工事例をご覧になりたい方は


だいだ産業株式会社にお問い合わせの方は


Facebookへのリンクはコチラ

2022年9月23日金曜日

広島でオーダーキッチン、キッチンリフォームならDAIDAへ ~ サイボウズが社用パソコンでメモリ8GBのパソコンを除外したようです。時代は16GBから。

こんにちは

広島のちいさなキッチンメーカー
オーダーキッチンのだいだ産業です。


とても素晴らしい取り組みだと思います。





これからの時代は16GBはデフォルトスタンダードになるかもしれないですね。




一昔前はメモリ4GBのパソコンも多かったように思います。
この時代に置いて、4GBのパソコンはもはや罪深い存在です。


8GBでもこれから使っていくうえでパワー不足になる事も有るので
社用パソコンの『下限』を16GBに設定したサイボウズは流石と言うべきです。


そもそも、メモリーが8GBあったとしても
Windows OSが1~2GBくらい常に消費していますし
色々なシステム、アプリがバックグラウンドで動いているので
実際に使えるメモリー容量はもっと少ないです。


そして、メモリー容量をギリギリまで使っていると
目に見えてパソコンの動作が重くなるので
メモリーはゆとりを持った容量にしておくのが大切です。


特にウェブブラウザでよく使われるchromeは
メモリを大量に消費するブラウザなのでタブを複数開いていると
普通に1GBほどのメモリーを消費してくれます。
Microsoft Edgeは軽いと言われていますが普通に1GB弱くらいメモリー消費しているので本当に軽いのか?と思っています。開いているページにもよると思いますが。


私の自宅のパソコンは16GBにしていますが
何もしていなくてもバックグラウンドで動くシステムやOSだけでメモリーの消費が9GBを超える事も有ります。
そういう時は流石に消費し過ぎなのでタスクキルや再起動しています。



今回の記事とは別にサイボウズの取り組みを見ましたが
会社で使うパソコンは当然ですがテレワークに使うパソコンまでも支給してくれたり(ノートPCを持ち帰らなくても良い、リスク管理的に正しいと思います。)
好きなパソコンやマウス、キーボードを選ばせてくれるなどかなり柔軟に対応してくれる会社の様です。




意外に会社のパソコンってケチケチして安いの買いがちなのかもしれませんが
仕事の効率化、パフォーマンスに繋がってくるので良いものにしたいですね。


何回か書きましたがだいだ産業のパソコンも3台の内2台はメモリーが4GBでした。
これでは余りにも少ないという事で8GB足して合計12GBで運用しています。


メモリーがあまりにも低いと仕事していくうえで時間を無駄に消費してしまいますし
パソコンの動作がもっさりするとイライラして精神衛生上良くないのでメモリーは多いければ多いほど良いです。


動画編集だとGPUの性能も大事ですね。
最近は投稿が滞っていますが、弊社もYouTubeチャンネルを持っており
私が作ってアップした動画は全て自宅のパソコンを使用しました。


メモリは16GB積んでいますし、ストレージはSSDですし、CPUの性能も会社より良いですし
何よりGPUは外付けグラフィックボードなので普通のパソコンよりもGPUの性能がとても高くエンコードをかなり早く終わらすことが出来ます。



会社のパソコンはメモリを12GBにアップしたので
一般的な作業範囲内ではかなり動作がサクサクになり満足していますが、、、


その他の問題点として...
・ストレージがSSDでは無くHDDになっている
・単純にCPUの性能が低い(そもそも負荷の高い作業は余りしないのでそこまで問題では無いですが)


上記の2点が現状の問題点かなと思っています。


特に顕著なのがHDDです。
しばらく前からずーーっと言われてきていますが
SSDはHDDと比べて驚くほどに早いです。


分かりやすい例はOSが入っているcドライブがHDDかSSDかで
電源入れてからすぐに使えるようになるまでがSSDは非常に早くHDDから移行した時はそのスピードに驚かされます。


パソコンのストレージがSSDになってきたのは最近の事なのでちょっと古い会社のパソコンがHDDなのは仕方ない事でも有ります。


だいだ産業はデータバックアップはMicrosoftのOneDriveを使っています。
私の社用パソコンはOneDrive自体を外付けSSDに入れており会社のデータはSSDで展開できるので
HDDより早いはず、、、だと思います。



本当はOSが入っているcドライブ、、、HDDをSSDに変えたいのですが
OSのクローンなど面倒ですし万が一があっても怖いのでそこは流石にしていません。


社長はパソコンやスマホなどからっきしなのですが
その分、仕事がしやすくなるなら好きにして良いと任せているので
そこはありがたいですね。


普通は会社のパソコン開いてメモリ増強とかしちゃいけませんからね。



もう何年か使ったら、パソコンは変える予定なのでその時に色々しようと思います。


とりあえず、ストレージはSSD(絶対に)
メモリは16GBあってCPUも最新世代のIntel core i5あれば充分なんじゃないでしょうか。
付随する機器としてモニターはIPS液晶のウルトラワイドモニター ※にしたいですね。
※一般的なモニターの横縦比率は16:9ですがウルトラワイドモニターは21:9


後はパソコンを拡張性が高い物にしておけばメモリーやストレージの増設などがしやすいので良いんじゃないでしょうか。


こんくらいすれば更に仕事の効率化が計れてより捗るというものです。


だいだ産業は小さな会社ですがパソコンの最低基準はサイボウズに合わせていこうと思います😏👌





Facebook、Instagram、YouTube
『いいね』、『フォロー』
『チャンネル登録』を
よろしくお願いします(*^▽^*)




過去のブログを検索する方法

パソコンの場合
『ラベル』から見たいカテゴリを押して検索

スマホの場合
ブログの下にある
『ウェブバージョンを表示』をクリック
(またはchromeブラウザの場合は「︙」から「PC版サイト」にチェックを入れる)
PC版サイト表記(ウェブバージョン)になるので
上記の『パソコンの場合』と同じように
『ラベル』から見たいカテゴリを押して検索
見たいブログを押した後に
PC版表記のままだと見辛いのでブログの下に有る
『モバイルバージョンを表示』をクリックして通常のスマホ版サイトに戻す。


こうすると見たいカテゴリのブログだけ見れます

『施工事例』だけ見たい人は施工事例だけ見れます。







オーダーキッチンに興味のある方は


 施工事例をご覧になりたい方は


だいだ産業株式会社にお問い合わせの方は


Facebookへのリンクはコチラ

2022年9月21日水曜日

広島でオーダーキッチン、キッチンリフォームならDAIDAへ ~ ラク旨グリルで焼き鳥してみました🐓🔥 <日立 IH>

こんにちは

広島のちいさなキッチンメーカー
オーダーキッチンのだいだ産業です


自宅の日立 IHのラク旨グリル焼き鳥しました🔥🐓🔥


うまい、うまい、うまいぞー😆💥






・自宅はM8ATシリーズを使っています。M8Tとほぼ一緒です。
 違いは液晶画面の色とトップとフェイス部の色
 見た目重視(ブラック&ブラック)ならM8AT、使い勝手重視(液晶が1色→4色)ならM8Tシリーズかな。



ーーーー作り方ーーーー

鶏もも肉切る、串に刺す、グリル波皿(ラク旨グリル付属品)に置く、オートメニューの『鶏のグリル』を選択。
※オプションメニューの『過熱水蒸気』を選んで波皿手前の水受に水を入れればパサつかずにジューシーなのでやった方が良いと思います。
めんどかったら串に刺さんでもよし😄


ただこれだけ。めっちゃ楽です。


自分で焼かなくて良いし、油も使わないですし、肉の油が側面の溝に溜まっていくのでヘルシーです。


それに、、ここ大切です。
ちゃんとうまいです。


簡単に出来ても美味しくなかったら意味無いですからね。


最近、他のスタッフもラク旨グリル&オーブン良いねってやーーーーっと気付いたみたいです。


わしゃ何年も前から言っとるんじゃい👺💪💪


忖度しないことに定評があるだいだ産業らしく
良いと思ったので自分の家で使っています。


グリル付IHでグリル部も使っていきたい方なら
パナソニックのラクッキングリルより日立のラク旨グリル&オーブンの方が良い...と個人的には思います。


『IH』のラベルから検索すれば過去のブログとかでも色々紹介してますのでぜひ(*^-^*)





ブログの『IH』の記事だけが見れるリンクはコチラ☟






Facebook、Instagram、YouTube
『いいね』、『フォロー』
『チャンネル登録』を
よろしくお願いします(*^▽^*)




過去のブログを検索する方法

パソコンの場合
『ラベル』から見たいカテゴリを押して検索

スマホの場合
ブログの下にある
『ウェブバージョンを表示』をクリック
(またはchromeブラウザの場合は「︙」から「PC版サイト」にチェックを入れる)
PC版サイト表記(ウェブバージョン)になるので
上記の『パソコンの場合』と同じように
『ラベル』から見たいカテゴリを押して検索
見たいブログを押した後に
PC版表記のままだと見辛いのでブログの下に有る
『モバイルバージョンを表示』をクリックして通常のスマホ版サイトに戻す。


こうすると見たいカテゴリのブログだけ見れます

『施工事例』だけ見たい人は施工事例だけ見れます。







オーダーキッチンに興味のある方は


 施工事例をご覧になりたい方は


だいだ産業株式会社にお問い合わせの方は


Facebookへのリンクはコチラ

2022年9月20日火曜日

広島でオーダーキッチン、キッチンリフォームならDAIDAへ ~ 藤井壮太さんがAMDのブランドCMに出演

こんにちは

広島のちいさなキッチンメーカー
オーダーキッチンのだいだ産業です。



最近みたニュースの中で個人的に一番興味をそそられました。


将棋界の新星、藤井壮太さんがAMDとのブランドCMに出演されました。



専用のホームページも出来ています☟☟☟
ホームページのURLがそのまんまで面白いです→https://fujiisota.amd-heroes.jp/


将棋の駒では無くてAMD・Ryzenのチップを指しているのがセンス有りますね。



ちなみにAMD(エー・エム・ディー)とは...
アドバンスト・マイクロ・デバイセズ (Advanced Micro Devices, Inc. / AMD) の略称でして
アメリカの大手半導体製造メーカーです。




アメリカはほんと強いメーカーが多いです(*´з`)


ご存知の方も多いと思いますがパソコンに使われるSoC(CPU)では
Intelのcore iシリーズかAMDのRyzenシリーズの2台巨頭が基本的に使われています。

また、ゲームやCAD、CG等の高度なグラフィック処理が求められる
ゲーミングPCやクリエイターPCに搭載されている
高性能グラフィックボードに使われるGPUの2大メーカーの1つでも有ります。
※一般的なパソコンはCPU(プロセッサ)に内蔵されています。
 内蔵されている物は性能が低いので高性能GPUを使おうと思ったら
 外付けグラフィックボードにする必要が有ります。


GPUの2台メーカー....

上記の2社が有名ですね。


....今まで出てきたメーカーは全てアメリカです。
アメリカってほんと強いですねぇ(2回目)


私の自宅のPCもGeForceにお世話になってます。


何故、将棋とあまり関係なさそうな半導体メーカーのAMDとのコラボが実現したかと言うと
実は将棋こそ強くなるために高性能なパソコンが必要とされているとの事。


強くなるためには将棋AIの活用が必要になっているようです。
そして将棋AIをフル活用させるためには予想通りですが
超高性能スペックのCPU、GPU、メモリが必要とされています。


詳しくは下記の記事にて☟☟☟




読んでいてかなり面白いのでこちらも是非😄


話がかなり難解なので私の頭の貧弱CPUでは全部理解できませんでしたが
将棋AIにも色々種類がある(CPUやGPU重視、DL<ディープランニング>も使われる)という事ですね。



元々、藤井壮太さんはAMDのファンとしても知られていて
AMDのCPUを使って自作のPCを組み立てたり
2020年のインタビューで『今一番会いたい人は誰か?』の質問に
AMDのCEO リサ・スー氏に会いたいと言っていたのも当時話題になっていました。


今回のコラボCMにてリサ・スー氏から直々に応援コメントを貰っていて嬉しそうでしたね。


そして藤井壮太さんが自作PCに使っているCPU
化け物CPUであるRyzen Threadripper 3990X なんです。


こちらは俗に言う『ワークステーション』※ 向けCPUになっており
ワークステーションの中でもかなり性能の高い上位のCPUだと思います。
※一般的なパソコンよりさらに高度な処理能力を有するパソコン...ザックリ言うと。


個人で買えるCPUでは最高峰のCPUじゃないでしょうか。


一般的なパソコンのCPUは書いたように
Inteのcore iやAMDのRyzenですが
両方とも下位グレードから順に3、5、7、9となっており
9が最高グレードになっています。


普通は個人でも会社でも3や5のグレードが多く
9までいくと相当良いパソコン買ったんじゃねって思いますが
Threadripper(スレッドリッパー)は更に上のグレードになるので
一般的には目にする事すらないCPUだと思います。


スペック表だけ見てもぶっ飛んでいるのが分かります。


例えば最新のIntel core i9(第12世代)は
Core™ i9-12950HXで16コア / 24スレッド(8コア/8スレッド+8コア/16スレッド)になっています。


AMDの最新Ryzenの9シリーズは
Ryzen™ 9 7950Xで16コア / 32スレッド です。


Threadripper 3990Xは 64コア / 128 スレッドなので
この時点で規格外さが分かろうというもの.....


藤井壮太さんの自作PCのCPUが規格外なのはもちろんなんですが
メモリーもこれでもかってくらい入れています。


メモリー(RAM)は256GB 、、、、これもすんごい( ゚Д゚)
Threadripper 3990Xが対応する最大メモリをしっかり積んできています。


ストレージの容量が256GBじゃなくてメモリの容量ですからね、桁が1つ、2つ違うんですよね。


一般的なパソコンですと8GBもあれば充分動きますし
16GBもあれば普通はまず困りませんしゲーミングPCでもこれくらいあれば充分ですね。
仕事で3D CADや高度なグラフィック処理をする人は32GBとか積んでいますね。


ちなみにだいだ産業のパソコンは詳しい人もおらず、まあまあ古いので
3台のうち、2台が4GBというかなーりしょぼしょぼスペックだったので
空いているメモリスロットに8GBのメモリーを刺して4+8の12GBに増強しました😄
普通は同じ容量のメモリを刺す事が多く(4+4や8+8)変則的なメモリ構成になりましたが
サクサク動くようになりました。
ちなみに、同じ容量のメモリを刺すのはデュアルチャネル※ する為です。
※同じ規格、同じ容量のメモリを使う事によってデータの転送速度を上げる技術


Threadripper 3990Xはデュアルチャネルの更に上の
クアッドチャネルにも対応しているようです。
メモリ4枚積みとか夢のまた夢だと思います。


今時、安いスマホでも当たり前に4GBと6GBのメモリを積んでいる時代ですからね。


繰り返しますが、256GBのメモリってほんと凄まじいんですよね。
かなり高負荷のかかるゲームでも32GBあれば充分ですし
64GBまでいくとそんな必要ないだろって普通は思いますし、言われます。
(高度な画像、動画編集をするのならそれくらい要りそうです。)


私の友達でPCゲームをしてる人がいて購入したパソコンの話をした時に
16GBを2枚刺して32GBのデュアルチャネルにしてるって言ってたので
そんなにメモリ必要無いだろ~って話をしたことが有ります。


メモリを沢山させば性能は上がりますが(ザックリ言えば。CPUとGPUの性能も大事です。)
マザーボードによってメモリスロットの数が違うので注意が必要です。
ゆとりが有ればメモリスロットが4枚有りますし無ければ2スロットとか
ノートパソコンみたいにキツキツの設計だとメモリスロットが1つだったりします。


メモリスロットが少ない中でメモリを増やそうと思うと
大容量メモリを刺す必要が有り、金額的な負担が大きくなってきます。


今回の256GBもの超大容量メモリですが
仮に4つのメモリスロットで対応したとなると1枚64GBのメモリを4つ使っている計算です。


現行売られているメモリは少ない順に4GB、8GB、16GB....となっていて
実際に購入するのもこの当たりです。


1枚64GBのメモリと言うのも規格外で普通は触れる事も無いです。
そもそも64GBのメモリ時点で規格外ですので。
(というか、64GBのメモリって存在するのって思いました)


ネットで調べてみたら1枚当たり4~10万円くらいらしいです。
やっぱり流石にこのくらいしますね。


appleがMac pro用に128GB (2x64GB) DDR4 ECC Memory Kitっていう
64GB×2のセットを税込¥392,000で専用に販売しています。
appleぼったくりすぎでしょ 


CPUがThreadripper 3990Xで化け物
メモリが256GBで化け物
GPUもさぞ化け物....と思っていましたが
当時のインタビューを見る限りそこは重視していないようなので
ローからミドル向けの安い独立型グラフィックボードを使っていそうです。


将棋AIにはGPU性能もいるんだと思っていましたが
藤井壮太さんの使うソフトではあまり必要無いのかもしれませんね。


もっともThreadripper 3990Xの性能が凄すぎるので
GPUの得意とするような膨大な単純な処理も
規格外のコア数とスレッド数でゴリ押しできるのかもしれませんね。


現在は、今までの将棋AIとは別に他の将棋AIも入れて活用しているらしく
そちらはDL(ディープランニング)系のソフトらしいのでGPUも増強しているのではないかと思います。


DLこそ、GPUが得意とする分野ですからね。


これ程までの超高性能PCにしたおかげか
インタビューの中で1秒間に6000万局面読むことが出来る と言っていました。


うーん、果てしない程の数字。



そしてAMDとのCMが更に藤井壮太さんを強くさせそうです。



AMDからのメッセージで
今回、藤井竜王のブランド広告出演を記念し、AMDは将棋トレーニング用マシンとして下記2つのプロセッサーを提供いたします。




となっています。


Ryzen 7000シリーズはともかく
Threadripper 5995WX、、、、、100万円くらいで販売されています。


将棋でタイトルを取れば莫大な賞金が入ってくるので
トッププロにしてみれば大した額にはなりませんがもの凄い金額です。


Threadripper 5995WXですが64コア / 128 スレッドと3990Xと変わってはいませんが


コアのアーキテクチャが『Zen2』→『Zen3』に変わっています。
単純にコア自体の性能が上がっているのでトータルの性能も上がっているという事でしょう。



AMDにしてみれば自社製品の強いアピールにもなるのでこれ以上ない程にメリットのあるコラボCMだったかと思います。



藤井壮太さんのこれからのますますの活躍に期待したいです。





Facebook、Instagram、YouTube
『いいね』、『フォロー』
『チャンネル登録』を
よろしくお願いします(*^▽^*)




過去のブログを検索する方法

パソコンの場合
『ラベル』から見たいカテゴリを押して検索

スマホの場合
ブログの下にある
『ウェブバージョンを表示』をクリック
(またはchromeブラウザの場合は「︙」から「PC版サイト」にチェックを入れる)
PC版サイト表記(ウェブバージョン)になるので
上記の『パソコンの場合』と同じように
『ラベル』から見たいカテゴリを押して検索
見たいブログを押した後に
PC版表記のままだと見辛いのでブログの下に有る
『モバイルバージョンを表示』をクリックして通常のスマホ版サイトに戻す。


こうすると見たいカテゴリのブログだけ見れます

『施工事例』だけ見たい人は施工事例だけ見れます。







オーダーキッチンに興味のある方は


 施工事例をご覧になりたい方は


だいだ産業株式会社にお問い合わせの方は


Facebookへのリンクはコチラ

2022年9月15日木曜日

広島でオーダーキッチン、キッチンリフォームならDAIDAへ ~ 良さそうな家庭用コードレス掃除機②

こんにちは

広島のちいさなキッチンメーカー
オーダーキッチンのだいだ産業です。


以前書いたブログ☟☟☟


の続きです。


前回のブログではシャープの
コードレスクリーナーでしたが今回は、、、、








ZUBA Q というブランド名で販売中。


見て分かるように専用スタンド台(充電台)含めて
インテリア性が有りオサレポイントも上々。




どうでもいいんですが
ZUBA Qっていう名前を見ると


マルちゃん製麺のZUBAAAN!(ズバーン)を連想してしまいます。



これ結構おいしいんですよ。


袋麺の中だと中々お値段がするので
あまり買えないんですけどね。



-------閑話休題-------


三菱のコードレスクリーナーの話に戻ります。


意外にもラインナップは少なくて
2機種展開のみになっています。



両機種ともサイズ、形は同じっぽいです。
(それぞれカラーは違います。)


基本的な機能は同じで
プレミアムタイプには


『らくリーニングスタンド』機能


ふとん専用のノズル、、、等が付属しています。


カラーは違いますが
見た目が同じなのは嬉しいポイントですね。



三菱のコードレスクリーナーの
大きな強みは2つあると思っていて


1つは上記で紹介したように
デザイン性の高さ


2つ目は充電時間の圧倒的な速さです。


なんと充電時間は70分間 と他のメーカーに比べて
めちゃくちゃ早いです。


最初に紹介したシャープの
コードレスクリーナーは充電時間が100分間で
それでも他社の3~5時間と比べると
とても速いですが三菱はシャープより
30分間も早く充電出来るのが大きな強みです。


色々調べた中では
家庭用コードレスクリーナーの中では一番充電時間が短いです。



まあ業務用コードレスクリーナーの
充電時間は20~30分間くらいなので
それと比べると遅いんですが...



ですがバッテリーは本体に内蔵されているので
バッテリーは着脱式では無いです。


もしバッテリーの調子が悪いときは
修理窓口にてメンテナンス依頼を掛ける必要が有るので
面倒ですし、料金が高くなると思います
(バッテリーだけを買う場合に比べてバッテリー代+人件費がかかるので)


前回紹介したシャープのコードレスクリーナーは
充電時間は100分ですがバッテリーは着脱式になっているので
予備バッテリーを買っておけば交換して連続して使えるというメリットが有ります。
バッテリーが壊れてもバッテリーを変えればよいだけです。


個人的にはやはり業務用コードレスクリーナーと同じ
脱着式バッテリーが良いですね。


ダイソンの掃除機が動かなくなって
修理依頼をかけた記憶が有るので。
費用が掛かるのは勿論ですが
修理に出している間、掃除機が使えないというデメリットが有ります。



三菱のコードレスクリーナーは
他にも他社と比べて良いなと思う機能が有り



このようにソファーなどの下の隙間にスッと刺し込むことが出来ます。


これはダストカップが上に付いているなど
特殊な形状が良い方向に働いていますね。



更に他のメーカーには無い特殊な機能として



まさかのブロワーとしても使えます。
(エアブロー機能)




こんな所でしょうか。


・専用スタンド(充電台)含めてインテリア性が高い

・充電時間は70分と他社と比べて一番短い
 (家庭用コードレスクリーナーの中では)

・ブロワーとしても使える


デザイン性を重視する人には検討機種に入りそうです。



色々と使い勝手が良さそうなんですが
やはり個人的には内蔵バッテリーなのが残念です。


脱着式バッテリーがやはり好きですね。










Facebook、Instagram、YouTube
『いいね』、『フォロー』
『チャンネル登録』を
よろしくお願いします(*^▽^*)




過去のブログを検索する方法

パソコンの場合
『ラベル』から見たいカテゴリを押して検索

スマホの場合
ブログの下にある
『ウェブバージョンを表示』をクリック
(またはchromeブラウザの場合は「︙」から「PC版サイト」にチェックを入れる)
PC版サイト表記(ウェブバージョン)になるので
上記の『パソコンの場合』と同じように
『ラベル』から見たいカテゴリを押して検索
見たいブログを押した後に
PC版表記のままだと見辛いのでブログの下に有る
『モバイルバージョンを表示』をクリックして通常のスマホ版サイトに戻す。


こうすると見たいカテゴリのブログだけ見れます

『施工事例』だけ見たい人は施工事例だけ見れます。







オーダーキッチンに興味のある方は


 施工事例をご覧になりたい方は


だいだ産業株式会社にお問い合わせの方は


Facebookへのリンクはコチラ







2022年9月14日水曜日

広島でオーダーキッチン、キッチンリフォームならDAIDAへ ~ 良さそうな【タッチレス水栓】

こんにちは

広島のちいさなキッチンメーカー
オーダーキッチンのだいだ産業です。


最近人気のタッチレス水栓
各メーカーのカタログやHPを一通りチェックしたので
良さそうな商品をピックアップしていきます。


※今回紹介するのは国産メーカーです。
 海外メーカーはかなり金額が上がりますし
 タッチレスの精度など、手放しで進めにくいので
 現実的な商品を紹介します。

 



まず、タッチレス水栓と言えばLIXILのナビッシュが有名ですね。


TOTOのウォシュレットの様に
ブランド名の方が有名になってしまったパターンです。
(一般的な意味では温水洗浄便座なんでしょうしLIXILはシャワートイレと言ってますがウォシュレットっていう言葉が普及しすぎましたね)


そんな感じで知名度、人気共に大人気のナビッシュなんですが
個人的には余り好きでは有りません。


何故かと言いますと、単純に小さいからです。


壁付キッチンだと気になりにくいですが
アイランド、ペニンシュラ、対面キッチン等は
水栓がかなり目立ちますので
水栓のデザイン、大きさを気にしたい所です。


ナビッシュはサイズがミニマムなので
アイランドキッチンなどに付けた時に
『ちょこん』と付いた感じになり
個人的にはあまり映えないように思います。


※個人的意見で言いますと壁付け以外の対面系キッチン(アイランド、ペニンシュラ)の水栓は大きければ大きい程良いと思います。キッチン(シンク側)がⅡ列型とかで小さいのなら凄くでかくなくとも良いと思いますが。


ナビッシュはサイズ的に浄水器専用水栓と同じくらいなので
並べた時により小さいなと感じます。


ならどんなタッチレス水栓がええんじゃ、と思う所なので
デザイン、大きさ的に良さそうなタッチレス水栓を紹介します。
(ぶっちゃけタカギのLCが浄水器&タッチレス仕様でかつ安いので現状最強な感じなんですが)

※タカギのタッチレス浄水器水栓LCはブログの後半で触れますね。





一般の方には少しマイナーですが
KVKのタッチレス水栓、どうでしょうか。














上記に有るように
KM6071 シリーズがそこそこ安いですね。
通常色のクロームのAC電源タイプで¥99,500
電池タイプで¥107,000 となっているので
ナビッシュと金額が近いです。



白と黒の色違いのタッチレスも有りますが
金額が一気に跳ね上がるのでおすすめしません。
水栓金具で15万越えは高い😅


こちらの商品は見てわかるように
高さも有り、スラッとしていてデザインも良い方です。



タッチレス無しの仕様も有り
そちらは更にお求めやすいです。


ナビッシュと比べて
『デザイン』だけなら両方とも同じくらいですが
『大きさ』もふまえて考えるならこちらの方が好きです。


デザインはそのままにナビッシュを巨大化して欲しいですね。


金額を比較するためにナビッシュの下位グレードを確認しましょう。



一番安いSF-NB451SXUが¥83,000なので
KVKの方が¥15,000くらい高いですね。
ナビッシュのグレードを上げていけば価格は逆転します。



ここまで読んで頂いた方は
大きさの事を言ってるけど実際にどのくらい違うのかわからん、
と思っているはずなので、、、


安心してください、比較画像がコチラです☟


左からKVKのタッチレス、ナビッシュ、LIXILの浄水器専用水栓の順に並べています。


分かるようにKVKの方がナビッシュより約10㎝程大きいです。
浄水器専用水栓とナビッシュの高さは1㎝程の差しか有りませんので
ナビッシュが小さいのが分かるかと思います。


吐水高さはナビッシュと比べて4㎝程高いです。


水の飛び跳ねなど有るので一概には言えませんが
吐水部は高い方が良いです。


深い鍋に水を入れたり野菜洗ったり色々と使いやすいです。
浄水器専用水栓の吐水口がかなり高いのもそのためだと思います。


まとめると
ナビッシュは水栓本体の背が低く、吐水口も低いので
個人的にあまり好きでは無いという事です。


ここまでナビッシュとKVKのタッチレス水栓を比べてきましたが
実は最近、業界を震撼させたタッチレス水栓が出たのを皆さんはご存知でしょうか。










最初にチラッと触れましたが



大人気過ぎて現状、新規受注停止になっており
現在進行形でだいだ産業とLCを使いたいエンドユーザーの方に
迷惑をかけている水栓となっています。


恐るべきコスパを誇っており、
商流ルートによってオープン価格になっていますが
設計標準価格は¥90,000となっておりまして
一番安いナビッシュの¥83,000とあまり変わりませんし
KVKのタッチレス水栓より安いです。


更に恐ろしいのはタカギの場合は『浄水』機能も搭載しての金額なので
タカギの一人勝ちになりそうな気もしています。


ナビッシュやKVKのタッチレス水栓で更に
浄水機能を付けていくと13万とか15万とかになってくるので
価格的には太刀打ち出来ないわけですね。


上記の浄水器はシンク下にカートリッジを納める
『アンダーシンク』型になっているので
水栓本体の形に影響しませんが
タカギの場合は水栓にカートリッジを内蔵する
スパウトインタイプになっており
見た目が太くなり野暮ったくなってはいるので
デザイン的な面では少しタカギが不利...かもしれません。


私も自宅のキッチンにLCを採用して使っています。


タカギLCを紹介したブログはこちら☟☟


こちらも是非読んでみてください😄


デメリットしては先程書いたように
スパウトイン型ゆえ見た目が少し野暮ったいのと
KVKのタッチレス程背が高くないという所です。


LCの大きさがコチラ☟


KVKのKM6071ECには及びませんがナビッシュと比べると
水栓本体も吐水口の高さも多少ですが上回っています。


そういう事も有りまして
LCの紹介ブログにも書いたように
個人的に『ナビッシュキラー』と呼んでいます。


だいだ産業としましても
タッチレス水栓にしたいというお客様が
いらっしゃったらナビッシュでは無くLCを勧めると思います。


別に浄水機能は要らなくてタッチレスだけで良いよって方でもLCを勧めると思います。


だって価格も変わらないですし後から気になった時に
浄水カートリッジ買えば浄水機能が使えますからね。
別に浄水カートリッジ入れなくても問題なく使えますし。
融通が利くのもプラスなポイントです。



書けば書くほどLCの強さがひしひしと伝わってきます。
デザイン的な面でLCにしたくないという方も勿論いらっしゃると思いますが
殆どの方はLCを選ばれると考えています。



ただ、一人勝ちの現状が続くと
往々にしてメーカーは天狗になり良くないので
LCの対抗馬になりそうなタッチレス浄水器が出てくることを望んでいます。



今回のブログはこんなところでしょうか。


ナビッシュ以外のタッチレス水栓で
KVKも結構デザイン的にも良いタッチレスだしてるよって言いたかったんですが
どうしてもタカギのLCが強過ぎてそっちに引っ張られてしまいます。
さすがにLCを紹介しないわけにもいきませんし.....



とりあえずタカギは早くLCの在庫復活して貰って良いですか?








Facebook、Instagram、YouTube
『いいね』、『フォロー』
『チャンネル登録』を
よろしくお願いします(*^▽^*)



ブログの水栓金具』、忖度無しの商品紹介コーナーの記事だけが見れるリンクはコチラ👇





過去のブログを検索する方法

パソコンの場合
『ラベル』から見たいカテゴリを押して検索

スマホの場合
ブログの下にある
『ウェブバージョンを表示』をクリック
(またはchromeブラウザの場合は「︙」から「PC版サイト」にチェックを入れる)
PC版サイト表記(ウェブバージョン)になるので
上記の『パソコンの場合』と同じように
『ラベル』から見たいカテゴリを押して検索
見たいブログを押した後に
PC版表記のままだと見辛いのでブログの下に有る
『モバイルバージョンを表示』をクリックして通常のスマホ版サイトに戻す。


こうすると見たいカテゴリのブログだけ見れます

『施工事例』だけ見たい人は施工事例だけ見れます。







オーダーキッチンに興味のある方は


 施工事例をご覧になりたい方は


だいだ産業株式会社にお問い合わせの方は


Facebookへのリンクはコチラ

2022年9月13日火曜日

広島でオーダーキッチン、キッチンリフォームならDAIDAへ ~ 相談ルームの空気清浄機を新しくしました。

こんにちは

広島のちいさなキッチンメーカー
オーダーキッチンのだいだ産業です。



相談ルームの空気清浄機を新しい物に変えました。



買ったのはダイキンのMC55Yっていう空気清浄機です。



今回はあえて『加湿』空気清浄機では無くて普通の空気清浄機にしました。


加湿空気清浄機なども使った事は有りますが
どうしても加湿の部分が汚れたりして逆に汚いのでは?
という思いもありましたゆえ....


加湿器はまた別途、清掃がしやすいシンプルな奴を購入しようかと思っています。


今まで使っていたものは
CORONA(コロナ)のナノリフレ を使っていました。



私が勉強させて頂いた以前の職場で色々な住宅設備機器、エクステリアを扱っておりまして
その中にコロナさんとのお付き合いも有りました。
コロナのエコキュート、たくさん売ったなぁ...😙
キッチンやシステムバス、トイレ等々、、、色々と勉強させて頂いたおかげで今の私があるわけですね。
今でもメーカーさんや以前の会社とは付き合いがあり(というかだいだ産業自体で付き合いがるので)この間はクリナップの展示会に誘われたので遊びに行ってきました。
クリナップとも仲良くなったものでキッチン談義をするのが楽しいですね。


ナノリフレは当時の会社の上司や事務員さんも使っていて
結構良いよって教えて貰ったので元々は自分用に買ったのを会社で使っていました。


2台買ったので1台はまだ自宅に有ります。


でもこのナノリフレってコロナのHP見る限り、美容・健康機器の分類なんですよね。
ナノミストによって除菌や消臭効果もあるので重宝していました。



ですが相談ルーム自体はそんな広くないとはいえ流石に能力不足ですし
本格的な空気清浄機を買おうという事でスタッフの中で色々とリサーチして今回のダイキンの空気清浄機にしました。


本当はもう少し大きい(風量の強い)のにしたかったんですが
そうなると加湿空気清浄機になってしまうようなので。


ダイキンはやっぱり安心できるブランドですね。
業務用もやっているだけあって個人向け商品もしっかりしていますし
造りや技術的にも文句ないです。



販売時のニュースリリースも参考にしました☟


TAFUフィルター採用と言うのが良いですね。
フィルタ―の寿命も10年と商品の寿命で考えると実質的にフィルター交換しなくて良いですし
従来のHEPAフィルターと違って購入当時の集塵効率を出来るだけ損なわない様になっています。


実際に自分がエンドユーザーの立場だとして
フィルター交換費用はランニングコストに直結していきますからね。


フィルターの寿命が長く集塵効率もあまり落ちないTAFUフィルターはユーザー目線から見てもかなり良いのではないでしょうか。


今回は会社で使うわけですので高寿命フィルターとは言え
能力的に気になってきたらフィルターも変えていきたいと思います。



より相談ルームも快適になったかと思います。
相談ルームのご予約、お待ちしております。





Facebook、Instagram、YouTube
『いいね』、『フォロー』
『チャンネル登録』を
よろしくお願いします(*^▽^*)




過去のブログを検索する方法

パソコンの場合
『ラベル』から見たいカテゴリを押して検索

スマホの場合
ブログの下にある
『ウェブバージョンを表示』をクリック
(またはchromeブラウザの場合は「︙」から「PC版サイト」にチェックを入れる)
PC版サイト表記(ウェブバージョン)になるので
上記の『パソコンの場合』と同じように
『ラベル』から見たいカテゴリを押して検索
見たいブログを押した後に
PC版表記のままだと見辛いのでブログの下に有る
『モバイルバージョンを表示』をクリックして通常のスマホ版サイトに戻す。


こうすると見たいカテゴリのブログだけ見れます

『施工事例』だけ見たい人は施工事例だけ見れます。







オーダーキッチンに興味のある方は


 施工事例をご覧になりたい方は


だいだ産業株式会社にお問い合わせの方は


Facebookへのリンクはコチラ


ページトップへ