ブログ
ホーム > ブログ
スタッフブログ

2022年9月12日月曜日

広島でオーダーキッチン、キッチンリフォームならDAIDAへ ~ 初めてのワイヤレスイヤホン。。。

こんにちは

広島のちいさなキッチンメーカー
オーダーキッチンのだいだ産業です。



ついに、ワイヤレスに屈してしまいました😂💔


ネット環境など、無線を信用していないので家の天井に有線LANケーブルとハブを張り巡らせ
家中ケーブルだらけにして妻に嫌がられてる私ですが、、、
この度、ワイヤレスイヤホンを購入しました。


イヤホンもヘッドホンも音質や遅延、信用性の問題で金額的に見たら有線の方が割安になるんですよね。
利便性はワイヤレスイヤホンの圧勝ですが。。



買ったのはAmazonが販売している



Amazonが販売するechoシリーズの1つですね。


買ったのは単純に値段がセールで凄い安くなっていたからです。


一応、通常時は¥12,980(ワイヤレス充電ケース付属で¥14,980)なんですが
年に一度のプライムデーで¥4,980と投げ売りされていたのでポチってしまいました。


単純にワイヤレスイヤホンがどんなものか気になっていました。


ワイヤレスイヤホンは有名所だとappleのAirPodsとかソニーのWF-1000XM4とかが人気みたいですね。


安く買った割にノイズキャンセリングやアンビエントサウンド(外音取込機能)が付いているのが良いですね。


音質は....
私の耳の性能が低いのでノーコメントです。


音質的な事も考えていつかはそこそこ良いワイヤレスヘッドホンを買いたいですね。
最近のヘッドホンはワイヤレスと有線両方とも対応してる商品も有りますし。


いずれにしても現行のワイヤレスイヤホン(ヘッドホン)の購入は今は控えた方が良いかもしれません。


と、言うのも
Bluetoothの方に近年動きが有ったみたいで
新時代の規格のLE Audioが登場し
それに合わせたLC3コーデックが登場しました。


それに合わせて従来の規格はClassic Audioに分類されたようです。


遅延、音質の問題でBluetoothのコーデック、規格はとても大切なので
ある程度LE Audio(LC3コーデック)が普及してから
対応したワイヤレス製品を買うのが良さそうです。


Bluetoothのコーデックにより音質や遅延なども変わってきて
標準の『SBC』から『AAC』、そして米国Qualcomm(クアルコム)が開発した『aptX』
aptXの派生で『aptX LL』、『aptX HD』、
次世代のaptX、『aptX Adaptive』に進化しています。
(簡単なイメージで言うと)


ソニーの場合は遅延はかなり発生しますが
音質に全振りしたコーデック、『LDAC』を開発しています。
(設定で通信安定性を高めるモードも選べるみたいです。)


現状で、動画を見たりゲームをするのなら『aptX Adaptive』
音楽を聴くなら『LDAC』が最強、、、と思っておけばよいかもしれません。
(ファーウェイやSamsungの独自コーデックもありますが余り馴染みも無いので)


なお、Bluetoothコーデックは両方とも対応していないと意味が無いので
例えばスマホ側が『aptX』に対応していても音を鳴らす側、、、
イヤホンやヘッドホンが『aptX』に対応していなければ意味が有りません。
SBCは必ず対応しているコーデックなので絶対にSBCでの通信は出来るようになっています。


安いイヤホンやヘッドホンは『SBC』、『AAC』までの対応になっていることが多いので
他の『aptX』関係のコーデックと比べると音質的に劣り、遅延もかなり発生します。
(コーデック的には、、、であり最終的には使うイヤホンやヘッドホンの性能に左右されますが)


残念ながら今回買ったAmazonのEcho Buds (エコーバッズ) 第2世代は
『SBC』と『AAC』の対応のみで『aptX』系列のコーデックには対応していません。


今時、『aptX』に対応していないスマホは無いと言っても過言では無いので
ユーザー視点からすると『aptX』くらいは対応しておいてほしい所ですね。
(ローエンドの格安スマホなどは対応していない事が有ります)
ちなみにiPhoneは『AAC』までしかコーデックに対応していません。


『aptX』関連のコーデックに対応して欲しい所ですが
対応させるためにはQualcommのチップを使わないといけないらしく
送信側(スマホなど)ではWi-Fi、Bluetoothの制御チップがQualcommのチップが必要らしいです。
SoCにQualcommを使わなくてもよい、と言うのがミソですね。
台湾のMediaTek(メディアテック)社製のSoCを搭載したAndroidスマホも『aptX』に対応していましたし。
iPhoneが対応していないというのは制御チップにQualcommの物を使っていないんでしょうね。
Echo Budsはプロセッサが台湾のRealtek(リアルテック)社製のチップでQualcommのチップでは無いので使えないという事です。



まあコーデックが良くなったとしても肝心のイヤホンやヘッドホンの性能が良くないと意味は無いんだと思います。



これからワイヤレスイヤホン(ヘッドホン)を買おうと思っている方は対応している
Bluetoothコーデックを確認して購入するのが良いかと思います。
もちろんイヤホンに転送するデバイス側(スマホなど)のBluetoothコーデックも確認が必要です。


個人的には
LE Audioが普及しだしてから本格的にワイヤレス対応機種を買おうと思っています。


スマホもこれから発売される機種は安いローエンドやミドルクラスを除いて
LE Audioに対応していくと思います。
iPhoneはどうしていくんでしょうか?






Facebook、Instagram、YouTube
『いいね』、『フォロー』
『チャンネル登録』を
よろしくお願いします(*^▽^*)




過去のブログを検索する方法

パソコンの場合
『ラベル』から見たいカテゴリを押して検索

スマホの場合
ブログの下にある
『ウェブバージョンを表示』をクリック
(またはchromeブラウザの場合は「︙」から「PC版サイト」にチェックを入れる)
PC版サイト表記(ウェブバージョン)になるので
上記の『パソコンの場合』と同じように
『ラベル』から見たいカテゴリを押して検索
見たいブログを押した後に
PC版表記のままだと見辛いのでブログの下に有る
『モバイルバージョンを表示』をクリックして通常のスマホ版サイトに戻す。


こうすると見たいカテゴリのブログだけ見れます

『施工事例』だけ見たい人は施工事例だけ見れます。







オーダーキッチンに興味のある方は


 施工事例をご覧になりたい方は


だいだ産業株式会社にお問い合わせの方は


Facebookへのリンクはコチラ


0 件のコメント:

コメントを投稿

ページトップへ