ホーム > ブログ
ブログ
blog
blog

2018年1月15日月曜日

広島オーダーキッチンメーカー・こだわりキッチンリフォームご相談はDAIDAへ ~ キッチンだけでなく色々出来ます。

こんにちは。

広島のちいさなキッチンメーカー、だいだ産業です。



昨日はコーリアンやシンク等のパーツ販売の事を書きましたが今日はそれの補足となります。


元々弊社はいち早くデュポンコーリアンを採用していてデュポンコーリアンの認定加工店でもあります。


なので昔からコーリアン単品の加工販売もしてきました。



最近はどちらかというとオーダーキッチンの方のイメージが強くなってしまっているように感じます。




昨日のブログの話に戻りますが昨今の洗面化粧台の流行りはオンボウル型の洗面化粧台(洗面カウンターの上に洗面ボウルが乗っているタイプ)になっています。



洗面カウンターの素材の多くは集成材や無垢で塗料を塗って耐水性等を上げているパターンが多いと思います。



もちろん集成材のカウンターでも良いのですが長年使っているとどうしても黒ずみやカビ等が発生したりするので弊社では基本的にキッチンの天板に使うのはおススメしていません。


弊社がコーリアンの洗面カウンターを進めている理由は
耐水性、耐久性の高さは勿論メンテナンス性も有り、豊富なカラーでお客様一人一人の個性を最大限に出せるからです。



ここまで書きましたがやっぱり写真が無いと想像するのが難しいですよね😎


なのでここからは写真で実例を載せながら説明していきます。





こちらは弊社相談ルームに展示してあるオンボウルの洗面化粧台です。



天板はもちろんコーリアンで洗面ボウルもコーリアンにしています。


写真の通り、コーリアンには沢山のカラーがあり、また弊社にはコーリアンのサンプルキットがあるので実物を眺めながら自分の好きなカラーを選べます。
  



コーリアンはこのように弊社の工場で責任をもって穴明加工をするので自分の好きな洗面ボウルを組み合わせることが出来ます。





次に現場に加工したコーリアンを取り付けた時の写真です。


カラーはロイヤルレッド色で臙脂がかった赤で渋いカラーです。


こちらは設計事務所様がリノベーションされた店舗に入れさせて頂いた現場になります。


参考まで洗面ボウルの種類ですがカクダイさんのカタログから1部抜粋します。





カクダイさんの洗面ボウルは上記以外にもたくさん種類も有りますし金額的にもお求めやすいので興味がわいた方はホームページで調べてみても良いと思います。




おまけ

今現在弊社が頂いているコーリアンの加工のお仕事


コーリアンのシラスホワイトという淡い流れ模様が入っている色なのですが写真だと真っ白ですね😏(笑)




オーダーキッチンに興味のある方は

施工事例をご覧になりたい方は

だいだ産業株式会社にお問い合わせの方は

0 件のコメント:

コメントを投稿